画像

nimogieとは

nimogieとはなんぞやと、(どう読むんだろう、なんて声も聞こえてきそうですね。笑)気になった方がここを訪れたと思います。
nimogieとはなんぞやと、(どう読むんだろう、なんて声も聞こえてきそうですね。笑)気になった方がここを訪れたと思います。

はじめまして、
nimogie
です。

このサイトは私と同じ名前の「nimogie(ニモギー)」と言う、オンラインショップです。
名前の由来は西粟倉村と森からギフトの頭文字をとってるっていう、
なんとも安直ですが、慣れてくると可愛げのある存在になってきますよ。

nimogieを(オンラインショップも私も)どうぞよろしくお願いします。

nimogieのコンセプトはこんな風に言葉にしています。

西粟倉の森からの贈り物を大切な人たちと分かちあう
森からの贈り物を受け取っていただく
大切な誰かに森からの贈り物を届ける
そして西粟倉の森を守り育てることに関わっていただく

西粟倉には、どこからともなく集まった人々が生んだ商品やサービスが多く息づいています。
きれいなもの、おもしろいもの、美味しいもの、元気になるもの、癒やされるもの、、
その中でも「森」や「生態系の巡り」に関連する商品やサービスをセレクトして販売していきます。

ここでの商品は「贈りたい」と思う気持ちを持った方に是非買って頂きたいです。
大切な誰か。
頑張っている自分自身にも。
nimogieで、森との繋がりにあなたの想いを重ねた「特別」を見つけてください。

西粟倉村に
ついて

画像

西粟倉村のことを初めて知ったって方もいるかもしれませんね。
え?おや、知っているって方もいらっしゃった。
あなたは来たこともある!おやおや、昔住んでいたなんて方も。
どんな方でも、ありがたいです。

西粟倉は村の面積の約95%が山であり森です。
ここには自然林と呼ばれる様々な植物が生い茂り生態系を体現するような森と、人工林と呼ばれている誰かが未来が豊かになるようにと願って1つ1つ苗木を植えた森が混在しています。

そしてこの森は、時々問題児とも言われてしまうけれど、熊やイノシシ、鹿とかね、他にも沢山の動物たちも跳ね回り、駆け回り暮らしている場所です。 ステキな我が家もこの森の中の立派な木の上にありますよ。

画像

あと、西粟倉を語る上で外せないのが「合併しなかった」って話。
平成の大合併が巻き起こった時、西粟倉は合併せず村として残ることを決めた。それが2004年のこと。
当時1,600人の人口でも村として歩むと決めた、その決断は生半可じゃなかったと思います。

でも今の村の姿は2004年には描けなかったくらいの、多くの方が移り住み、新規事業が誕生する村となっているんです。面白いですよね。

nimogieでは、この移り住んた方が新たに生み出した商品や事業から多くを取り上げさせてもらっています。

西粟倉アプリ
村民票
について

画像

西粟倉アプリ村民票ってご存知でしょうか。
西粟倉の情報、特に村の外から関わりたい方に向けて発信している、スマホ用アプリケーションです。
(私も実は登録してます。村の中に居てもとても便利なのです。)
このアプリケーションは施設のこと、イベントのこと、お仕事のことを集めて案内しています。

画像

なぜ西粟倉アプリ村民票の話を出したって言うと‥nimogieでのお買い物がお得になるから。
実は、アプリ村民であればnimogie内の全商品5%オフで購入できちゃうんです!

これは私も少しびっくりしましたよ。
でも、nimogieを通じて西粟倉と繋がっていただく方が、買って終わりではなくて、継続して西粟倉の情報を受け取って関わっていただきたい想いがあってこういう仕組みにしたことを聞いてすごく納得しました.

是非みなさんも登録してくださいね。